かほ

 家を建てたい。小さくて白い家。そこで犬と、できたら夫とこどもと暮らしたい。キッチンは対面式で広め、休みの日には踊りながらパンを焼いて食べる。歌いながら米を炊く。ごはんを食べるときはきちんとマットを敷いたり箸置きを使ったりしたい。気づかれなくても良いから、季節に合った食材を使って料理をしたい。夜ご飯のあまりものだけじゃないお弁当を作りたい。誰かの誕生日にはケーキを焼きたい。ジャムを煮たり、夏はかき氷のメロンシロップを炭酸水で割ってバニラアイスを乗せて、クリームソーダを作ったりもしたい。洗面所には綺麗なタイルを貼りたい。歯磨きの間ずっと触っていたくなるようなつるつるのタイルで、青が好きだからいろんな種類の青を使いたい。湯船は大きくて足が伸ばせるサイズにして、ゆっくり肩まで浸かりたい。いいにおいのシャンプーで丁寧に髪の毛を洗いたい。天気の良い日は広いベランダでひなたぼっこをしながら本を読んだりお茶を飲んだりしたい。ミニトマトを栽培したりもしたい。品種はサラダプラムみたいな肉厚の。部屋は少なくてもよくて、リビングでは旬の果物をむいて、大きいテレビで映画を見たり、アイスを食べながらゲームをしたりしたい。寝室はシンプルでホテルみたいにして、いつもふかふかの枕で、くたびれたTシャツじゃなくてパジャマで寝たい。アロマを炊くなどして快適な睡眠をしたい。洗濯物をいつでも干せるようにサンルームも作りたい。サンルームには作業台を兼ねたアイロン台をつけて、そこでミシンも使えるようにして、生地をたっぷり使ったワンピースを作りたい。スペースがあれば和室も作りたい。畳でお昼寝は最高だから。犬はいつも近くにいてほしい。のんびりしていてもいいし、元気いっぱいでもいい。散歩のときは大きな公園に連れて行って、四季と犬の写真を毎日でも撮りたい。サンドイッチを持ってピクニックするのも良い。年に1回、5日間程度の旅行をして、現地で売られているマグネットを買って、冷蔵庫に貼りたい。こういう日々を飽きることなくアルバムに残して死ぬ前に見たい。
 絶対にこんな生活をしてやるぞ、と思ってお金を貯めるために仕事を頑張っているつもりだけど、今はまだ到達度2%くらいだ。10年後、30歳をすぎる頃にはこうなっていたいので、年に10%ずつ理想に近づく計算になる。夏帆になれたらもう他には何もいらないんだけど、夏帆にはなれないから、こういった他のしあわせを手に入れなければいけない。